住宅ローン診断士補 認定講習のご案内 | 住宅ローンの見直し・借り換え【日本住宅ローン診断士協会】

  • 個人情報保護
  • 当サイトについて

【日本住宅ローン診断士協会】 03-3583-1081

住宅ローン診断士補 認定講習のご案内

住宅ローン診断士補 認定講習のご案内

住宅ローンプランニングが切実な時代

◆我が国の住宅ローンは多様で複雑な商品となっています。

過去数十年の間に、住宅金融公庫などの長期固定金利ローン中心から、変動金利、金利固定期間選択型、証券化ローンなどの多様で複雑な商品で溢れています。

店頭金利(公表金利)だけでも5,000種類を超え、広告などでは実際の適用金利もわからず、借り方によってはローン破産ともなりかねないリスク商品もあります。

消費者に中立公正な立場から、法令を守ってアドバイスできる住宅ローンプランニング(相談・媒介)の専門家=住宅ローン診断士・住宅ローン診断士補が各方面で求められています。

 

住宅ローン診断士補とは、

◆住宅ローン相談・媒介の法令・ノウハウの基礎を習得した方に与えられる評判の資格です。

 

こんな方にお勧めします

◆学生の方

将来、銀行、金融業界、住宅・不動産業界などに就職したい、キャリア形成に役立てたい学生の皆さんに最適!

◆専門業者・士業の方

住宅会社・リフォーム会社、太陽光発電会社、宅建・不動産会社、保険代理店の方、ファイナンシャルプランナー、司法書士、行政書士、税理士事務所に勤務される方で、住宅ローン業務と連携したい、業容を拡張したい事業者の方

◆専門業者・士業のサポートスタッフ

すでに住宅ローンの実務に携わる方で、改めて住宅ローンの基礎を学びたい方

 

資格取得のメリット

◆住宅ローンの相談・媒介の基礎を身につけることで、法令遵守の仕方が分かり、業務連携も安心・スムーズにできるようになります。

◆専門業者・士業事務所の代表者・幹部の方は、まずは自分が学び、スタッフにも勧めることにより、業容拡大・事業連携の仕方が分かるようになります。

◆1,000名を超える業界定着資格の取得で、事業のブランディングを高める手段にもなります。

◆実務ノウハウの基礎を身につける=住宅ローン診断士資格取得の「登竜門」ともなります。

 

受講申し込みは、こちらから 申し込みマニュアル

 

 

住宅ローン診断士補の認定講習の流れ

これまでLEC(株式会社東京リーガルマインド)が運営してきた「住宅ローン診断士補」資格は、当協会が運営するe-ラーニングによる認定講習によって取得していただくことになりました。

協会指定のテキスト、DVD講座で学習し、e-ラーニング講座を修了された方が、「住宅ローン診断士補」として認定されます。

講習申込

受講申し込みは、こちらから (申し込みマニュアル

◆ご不明点など詳しくは、協会事務局(03-3583-1081:担当:樽見)にお問い合わせください。

■価格は9,800円(税別)となります。

 

テキスト、DVD講座、およびe-ラーニングID・パスワードの送付

◆協会事務局よりテキスト、DVD講座、およびe-ラーニングのID・パスワードを送付いたします。

(送付物一覧)

□住宅ローン診断士補認定講習( DVD:4枚組[全7回] )

□『住宅ローンコンサルティング・媒介業務の基礎知識(改訂版)』(2016年)

(以上、郵送)

□住宅ローン診断士補 認定講習 e-ラーニングID・パスワード

(ID・パスワードはメール送付)

 

認定講習の受講

◆ご自宅にて認定講習を受講していただきます。
認定講習では受講者が住宅ローンに関する基礎知識の習得を確認するe-ラーニング検定(基礎編:6領域)にすべて合格することで修了となります。

◆e-ラーニング講習(基礎編)は、6領域(Ⅰ~Ⅵ)のどの領域から受講しても構いません。

◆各領域ともに「全5問」が出題され、全問正解でその領域の合格となります。(1回ごとの制限時間は、30分です。)

◆受講期間内(受講開始案内から3か月以内)であれば、何回でも繰り返し受講できます。

講習修了書の送付

◆講習修了後、2週間以内に修了書を郵送し、「住宅ローン診断士補」として認定します。なお所定の受講期間内に修了できなかった場合、再受講の案内をお送りさせていただきます。

※再受講には再受講料として3,000円が必要となります。

住宅ローン診断士への道

住宅ローン診断士補として認定された方は、住宅ローンの診断実務の専門資格=住宅ローン診断士の資格取得をぜひご検討ください。

申込先:

実務専門資格である【住宅ローン診断士】のお申し込みは、下記へ